会社概要

会社沿革

1919(大正8)年12月 中本印刷所として広島市上柳町において故中本勝三を以って創業
1932(昭和7)年5月 工場狭隘のため広島市堺町(元塚本町)に新築移転
1938(昭和13)年12月 資本金15万円の株式会社に組織変更し故中本勝三が社長に就任
1941(昭和16)年12月 江田島海軍兵学校の監督指定印刷工場となる
1944(昭和19)年4月 鉄道省の監督指定工場となる
1945(昭和20)年8月 原爆被災により全工場焼失
1946(昭和21)年7月 現在地に工場新築移転
1953(昭和28)年5月 資本金480万円に増資
1958(昭和33)年12月 資本金720万円に増資
1961(昭和36)年12月 倍額増資し1,440万円
1965(昭和40)年8月 鉄筋3階建の事務所新築
1968(昭和43)年12月 1,060万円増資し資本金2,500万円となる。狭隘のため工場の一部と事務所を4階に増築(第3期)
1969(昭和44)年10月 平版印刷部門・写真製版設備設置
1970(昭和45)年2月 企画室設置
1976(昭和51)年1月 資本金4,500万円に増資
1985(昭和60)年5月 電算写植設備設置
1986(昭和61)年2月 デザイン部門企画室より分離設置
1991(平成3)年5月 電算出力機2台目設置
1994(平成6)年8月 写真製版設備(カラー製版)増強に伴い西白島町にデザイン部・電算部とともに分離設置
1998(平成10)年11月 デザイン部門分離独立。新会社「株式会社インフォ・エヌ」設立
2002(平成14)年5月 鉄筋3階建ての新館を増築
分離設置していたシステム課を新館で再構築し、短納期・高品質に対応するべくデジタルワークフローに着手
2002(平成14)年6月 マルチメディアに特化したデジタルソリューション課を設置
2002(平成14)年9月 ハイデルベルグ社製「CD102-4」導入、「Image Control」で正確な色再現性を実現
データの作成から印刷までを含めたデジタルトータル管理が可能となる
2004(平成16)年12月 コンピュータ制御による折り加工機、正栄機械製「オリスター」導入
ハイデルベルグ社製「SM102-4-P」導入
2005(平成17)年11月 個人情報保護法に基づき、プライバシーマーク取得
2006(平成18)年7月 FMスクリーニングによる高精細印刷とより広い色域を再現できる広演色印刷
カレイドグラフを開始する
2007(平成19)年1月 本館外装を全面リニューアル。シンボルマーク・ロゴタイプも一新。個人・機密情報保護のためセキュリティシステムを導入
2007(平成19)年2月 情報保護室を新造
2008(平成20)年6月 高速モノクロPODを導入
2009(平成21)年4月 東京営業所 開設
2009(平成21)年7月 高速カラーPODを導入
2009(平成21)年8月 FSC認証取得
2010(平成22)年1月 印刷工場内の工事によりセキュリティをさらに強化。また、情報保護室を増設
2010(平成22)年9月 ぬりえーる開始
2011(平成23)年1月 ウェブテック社製 印刷品質検査装置を導入
2011(平成23)年11月 おえかきファクトリー開始
2012(平成24)年10月 デジタル印刷本格稼働 HPインディゴ5600導入
2012(平成24)年10月 ハイデルベルグ社製「SM102-2-P」導入
2014(平成26)年8月 機密印刷サービス強化に伴い新館3Fに高レベル情報セキュリティ作業室を増設
2014(平成26)年4月 折り鶴プロジェクト開始
2014(平成26)年10月 平成25年度中小企業ものづくり革新事業補助金に申請し、
「機密印刷サービス事業の展開」が採択される
2015(平成27)年2月 ものづくり革新事業に伴い、印刷機用検査カメラシステム・折機用検査カメラシステムを導入
2015(平成27)年3月 東京営業所移転
2016(平成28)年7月 ひろしま食べる通信創刊
2018(平成30)年11月 LIGHTS LAB(ライツ・ラボ)結成