事業・プロジェクト

まるごと遊んで子供の個性をのばす

広島地域の幼稚園・保育園・託児所等の施設に通園する子どもたち約40,000人に向けて無料配布している、まるごと遊べる冊子です。冊子は“お絵かき”や“しりとり”、“めいろ”などのぬり絵ページを中心に構成し、保護者向けの料理レシピや口コミ情報コーナーなども設け、幼児から保護者の方まで楽しめる内容になっています。

つくる人と食べる人をつなぐ

ひろしま食べる通信は、“食べもの付き定期購読誌”です。自分の暮らしを取り巻く環境に主体的にかかわることを目的とし、食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものをセットで定期的にお届けします。さらに特集されたつくり手と直接つながる様々なしかけもあります。そんな新たな食体験を楽しめる情報誌です。

子どもの夢をカタチにする

「子どもの絵が商品になったらステキじゃない?」そんな想いから始まった「おえかきファクトリー」では文字通り、子どもの「おえかき」からさまざまな商品をデザイン・制作しています。普段使いに、一生の「たからもの」に、おじいちゃん・おばあちゃんやお子さまご自身へのプレゼントに、オーダーメイドで世界にたったひとつの商品を作ってみませんか?

「思いやりの心」を世界に広げる

折り鶴プロジェクトは、広島への原爆投下から70年以上の月日を経たいま「思いやりであふれる世界に」をビジョンに掲げた「思いやりの心」を世界に広げるプロジェクトです。また、障がい者の方や高齢者の方と、ともに活躍できる社会を目指していきたいと考え、商品の製作を依頼しています。折り鶴プロジェクトが多くの人に伝わることで、彼らの社会との繋がりや居場所を作っていくことも目的の一つです。